手越祐也の父親は立教大学出身?死因は何だった?さくらガールが好きだった

手越祐也の横顔 ジャニーズ

NEWSの手越祐也さんといえば破天荒なキャラクターでお馴染みですよね。

そこで「家族ってどんな人なんだろう」と疑問に思ったので調べてみました。

あのチャラさは天性のものなのでしょうか。

手越祐也の家族構成

手越祐也

手越祐也さんは横浜市出身。

実家暮らしのときは祖母、母親、愛犬と暮らしていたそうです。

勝手に末っ子のイメージがあったので、一人っ子というところに驚きですね!

お母さんは広島県尾道市出身、お父さんは広島県呉市出身。

男の子1人で、しかもあんなに可愛い顔をしているのでそれはそれは可愛がられたでしょうね。

手越祐也の昔

ちなみに、手越さんが22歳の早稲田大学生時代、横浜市都筑区に実家を建てたそう!

なんて親孝行!

お母さんがマリンスポーツが好きで、海沿いにしたのだとか。

「僕の夢はいつか家をプレゼントすること。何年かかるかわからないけど」と話していましたが、めちゃくちゃ早く実現しましたね!

しかも土地が200平米で、土地と建物で1億1千万

7年ローンを組んで、2016年3月には完済しています。

あの豪快っぷりはこんなところでも発揮されていたんですね。

月々130万超の返済をこなすために仕事を頑張っていたところもあったのでしょう。

自慢の息子です。

しかし、実家にはお父さんが住んでいませんよね。

お父さんはどんな方なのでしょうか。

手越祐也のお父さんは立教大学出身?

手越祐也のライブ中

手越祐也さんのお父さんは、タクシーの運転手をしていました。

立教大学の野球部に所属し、ポジションはピッチャー!

エースとして活躍していたそうです。

手越さんはサッカー好きとして知られますが、お父さんは野球好きだったんですね。

仕事は、タクシー運転手になったということは、一旦会社勤めをして転職した可能性があります。

詳細は明らかではありませんが、手越さんを見たら、お父さんもイケメンだったことは想像に難くありません。

顔も気になりますね!

お父さんに遭遇したと思われる人もいます。

自慢の息子でしょうね!

しかし、先程、実家にはお父さんは同居していませんでした。

実は、既に亡くなっているんです。

手越祐也のお父さんの死因は何?

手越祐也の横顔

2015年1月7日、お父さんが他界されていました。

この日は「KAGUYA」がリリースされた日です。

死因は明らかではありませんが、倒れた翌日に亡くなったとのことで、心筋梗塞や脳卒中など、突発的な病気だったのではないでしょうか。

手越さんは最期を看取ることが出来ず、とても後悔したそうです。

葬儀では喪主を務めたようです。

お父さんの年齢は、お母さんの3歳上とのこと。

お母さんについて手越さんは「30歳上」と話しているので、2015年の手越さんが27歳。

ということは、60歳くらいで亡くなったということに。

若すぎます…

タクシー運転手は、2交代制、3交代制など、リズムが不規則で体に負荷がかかります。

持病があったのかもしれませんが、仕事の影響は無視できません。

手越さんもかなりショックだったことでしょう。

手越祐也のお父さんが好きだった「さくらガール」

手越祐也のライブ中

お父さんはNEWSの「さくらガール」が好きだったそうで、次のライブで披露していました。

「俺が葬式の喪主だったんだけど、おやじはNEWSのファンだったから、式で流すためにシングルメドレーを作って、式の最中「さくらガール」がかかったら、親父のおふくろ、僕のおばあちゃんが教えてくれたんだよね。「この曲が好きで、いつも歌ってたよ」って。俺、それを初めて知って、親父、ドームのライブに来るはずだったからさ、あの日の「さくらガール」は、俺はずっと天に向かって歌って。あの時だけは、ファンのみんなじゃなくて、天国に向けて歌わせてもらったんだよね。歌い終わって天を指差して言ったんだ。「親父、届いた?」って。

Myojo 2015年9月号

さくらガールは失恋の歌です。

お父さんはグッとくるものがあったんでしょうね。

それを死後に知った手越さんの気持ちを考えると、何とも言えない気持ちになります。

2015年はFIFAワールドカップのメインキャスターも務めていました。

どれだけ辛くても仕事を頑張る姿は、さすがプロです。

まとめ

手越さんの笑顔の裏にはこんなに辛い出来事がありました。

今後とも活躍する姿をたくさん見たいですね。