酒井莉加は韓国人ハーフで本名はキムリカ?キレる性格やタトゥーは元々?

立木志らくの妻の正面アップ 女優・俳優

立川志らくさんの奥さんである酒井莉加さん。

元々、2人の年の差や美人であると話題でしたが

実は韓国人とのハーフなんです。

また、タトゥーや坊主など、ぶっとんだ行動は

元々の性格のせいなのかも気になります。

酒井莉加は韓国人ハーフで本名はキムリカ?

酒井莉加は韓国人ハーフ

酒井莉加さんは、お父さんが韓国人、お母さんが日本人のハーフです。

結婚するときに戸籍を見て知ったそう。

韓国人の書類は

今は戸籍ではなく、基本証明書や家族関係証明書のことを指すのでしょうね。

お父さんの名字が「キム(金)」なので本名はキムリカということになります。

日本人と結婚しても名字は変わらないので、今も本名はキムリカ、通称名が酒井莉加ですね。

それまで自分でも知らなかったようなので知ったときは衝撃的だったでしょう。

酒井莉加のキレる性格やタトゥーは元々?

酒井莉加さんは以前ブログで、自身の性格を次のように述べています。

  • 辛いもの好き
  • すぐにキレる
  • 陰口が嫌い
  • ベタな純粋な恋愛が好き
  • 頭が悪いふりして実は人のことを見ている
  • 悩みがあるとこらえる

とのこと。

これらすべて

韓国人の血が流れているから

のようです。

うーん。日本人でも当てはまりそうな気もしますが、

韓国人らしいといえば確かにそうですよね!

酒井莉加のプロフィール

  • 1981年5月26日生まれ
  • 兵庫県神戸市出身

3歳から5歳まで大阪の児童劇団に所属し、芸能活動をされていました。

15歳の頃、ネットアイドル「LINK LINK LINK」に所属。

「ラリホ~~~!」という曲でデビューしましたが鳴かず飛ばずで解散。

「サンバガールズ」「Sham☆Poo」というグループを経ましたが、芽が出ず、舞台女優として歩み始めます。

立川志らくさんとの出会いは「SF小町」という映画で

立川志らくさんが監督を務めて、酒井莉加さんがキャストでした。

その後、2003年に立川志らくさんが「劇団下町ダニーローズ」を主宰し、そこに酒井莉加さんが所属。

仕事の悩みを聞いているうちに恋愛関係になり、2006年に結婚されました。

酒井莉加のタトゥーや坊主の画像がヤバい!

酒井莉加さんは足の甲や腕にタトゥーを入れていて、

その量が話題になっています。

足の甲、腕など、体のあちこちにタトゥーが入っています。

すごいですね。昔、バンドを組んでいたときに勢いで入れたようです。

こちらは坊主の画像。

美人だから似合っていますね。

一生に一度はやってみたかったということです。

私はとても共感します。

まとめ

なんだかとてもユニークな女性です。

立川志らくさんとの間に娘さんもいらっしゃるので、これからも家族で仲睦まじく過ごしてほしいですね。