スポンサーリンク

小笠原旅行(1日目) 浜松町から出発!フェリー泊

おが丸から見たお台場のレインボーブリッジ 子連れ旅行・イベント
スポンサーリンク

いざ行かん

竹芝を出発

出発日です。

我々は関西在住なので、前日に浜松町のホテル、マイステイズに宿泊しました。前日、娘は保育園で昼食を食べて旦那がお迎えに行き、飛行機で東京へ。私は16時まで仕事へ行き、新幹線で向かいました。

当日、8時頃起床し、9時頃ホテルを出発。浜松町駅から竹芝に徒歩で到着。15分くらい。行きすがらコンビニで飲み物を調達。

フェリーターミナルには、青と赤のストライプがマークのおがさわら丸(おが丸)がどーんと佇んでいました。今から乗るんだなぁ〜

ターミナルは、入って目の前に乗船手続き所、左手にお店や自動販売機があり、迷うことはないです。プリントアウトしていた乗船券引き換え券を出し、乗船券を貰います。

周りには、ご夫婦や大学生、子連れファミリーなどたくさんの方々が。飲み物の自動販売機やコンビニ、島弁当も売っているので、乗船前に軽く物資調達が可能です。コンビニにはトラベルミンが売っています。港近くにはドラッグストアも。

11時に出港。ドラの音が鳴り響きます。娘、ややびっくり。天気に恵まれ、お台場まで見通せて気分がスカッとしました。1000kmを24時間かけて渡る船旅の始まりです。

しばらくはテラスデッキで景色を見て、部屋で少し休憩。こんな都会から世界自然遺産に行けるんだなぁとしみじみしました。レインボーブリッジの下をくぐり、しばらくは東京湾を進みます。そして外洋へ。そこらへんから徐々にどんぶらこ〜と揺れてきます。でも結論として、終始、予想よりは大丈夫。一応酔い止めは飲みましたが、余程弱い方じゃなければ耐えられそうな感じです。往路は飲んでおいた方が余計な心配しなくて良いかもですね。

フェリー、部屋の中

我々が使った特2等寝台は、1部屋に、1〜2人分のベッドがある区画が4つ割り振られています。座席番号(と言う名のベッド番号)が1〜8までの表示。部屋によって〜9とか多少の差異はあるかもです。区画内は、階段で上のベッドに上るタイプと、通路の高さそのままに行けるタイプが互い違いになっています。特2等の設備としては、枕、敷きパッド、掛け布団、テレビ、ハンガー、簡易棚、飲み物用の窪みがあります。スーツケースなどの荷物置き場は部屋に入ってすぐあります。無いところは廊下に小さい鍵付きのロッカーのようなものがあります。2等寝台は荷物置き場が入り口前にあり、常に開放されているタイプです。

区画の仕切りがカーテンのみで、娘はイヤイヤ期で頻繁に泣くので、正直言って、神経すり減りました。階段上り下りで体力を消耗させたり、デッキに出てたくさん走らせたり、とにかく力ずくで!他に子供はたくさん居たのですが、よく泣いてたのはウチの娘ぐらいであとはみんな良い子にしてました。4階にキッズルームもあります。夜は、娘のご機嫌取りでiPadに入れたアンパンマンを視聴。往復共に、素晴らしい働きをしてくれました!

トイレ・洗面室は各フロア、左右にあります。水圧は普通。シャワー室も各フロアに男女各2つ付いています。特2等寝台フロアの女性用シャワーは3つあり、混む時は待つことがありそう。室内にドライヤーも1つありますが、ロングヘアの人は完全に乾かすの難しそうです。自前のドライヤーは重いからなぁ…

船内での過ごし方

さて、混む前にランチへ。船内レストラン「chichijima 」にて。刺身定食¥1500、和風ハンバーグ¥1200、ローストビーフ¥500を頼みました。ランチは買い込んでくる方が多いのか、そこまで混んでませんでした。ラーメンやカレー、朝食の和定食などは食券機があります。サラダや納豆はレジ横のガラスケースにあります。

刺身定食はメカジキ、カツオなど5種が入っており、美味。テンション上がります。ふぅ!

ランチ後はお散歩に行き、外に出たり、売店に行ったりウロウロ。出港から4時間経っていたのですが、この時にも売店の食べ物はぼちぼち無くなりかけていました。グラタンが人気のよう。船内シャワーにタオルが無いことに今さら気付き、おが丸タオルを購入。¥1000。ただ、基本的に船内物資は潤沢です。売店には挽きたてコーヒー、おやつ、小笠原のお土産などがありました。パックのりんごジュースは、船内だと¥90円でした。コンビニより安い!売店以外に、船内には、飲み物やセブンティーンアイス、軽食の自販機はあるし、電子レンジや水道もあるし、何も困りません。少しビビり過ぎたかなと思いました。

この日は、日の入が17:20だったのでそれまで昼寝しました。周りも多分昼寝してる人が多かったです。船内でやることないと暇を持て余しそう…デッキでビール飲んだり、ゴザを敷いて寝てる人も居ましたが、昼寝が無難。

寝て起きると既に17時だったのでデッキに出ました。日の入は、今まで見た中で1番綺麗!父島のウェザーステーションにも、世界有数と評される夕陽スポットはあるのですが、負けず劣らずの絶景。地平線に沈む太陽に胸打たれます。見る価値あり。

感動後はいい感じに空腹になり、再びchichijimaへ。島塩ラーメン¥900、島ステーキ¥1500、フライドポテト¥300、ビール¥600、サラダ¥300、納豆¥100を購入。いつでもどこでも娘は納豆です。18時頃でしたがまだそこまで混んでおらず。所さんの番組のスタッフさんが島ステーキを撮っていました。

快適な船旅です。楽しい!

19:30に娘とシャワーに行きました。揺れる中での入浴なので、娘の体を洗ったりしてると少し酔いました笑

あとは娘と階段上り下りしつつ時間を潰し、21時、船内は静かに。夜の過ごし方についての船内アナウンスが入り、我々も消灯しました。娘が寝付くまで少しかかってしまいましたが、1日目はこれにて終了。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子連れ旅行・イベント
シェアする
Trend News journal