西川僚祐の身長体重や出身中学などプロフィールは?経歴もスゴイ!ドラフト1位か

東海大相模の西川僚祐の笑顔 スポーツ

2020年のドラフト候補である東海大相模の西川僚祐選手!

今回は、西川僚祐選手の基本情報を調べてみました。

西川僚祐のプロフィール

東海大相模の西川僚祐のラン
  • にしかわりょうすけ
  • 千葉県船橋市出身
  • 身長は186cm
  • 体重は94kg
  • 外野手
  • 投打は右投右打

身長は186cmとかなり長身な西川選手。

ご両親の身長が高いのか調べたところ、お母さんの聖子さんが元バスケットボール部で172cm、お父さんの秀男さんが181cmでした。

高身長は遺伝でしょうね。

体重も94kgと、すごい恵体です。

気になるバッティングはこちら。

大きく振って、場外へ。

これはスゴイですね!

下半身がしっかりしているので、これだけ振り切れるのでしょう。

西川僚祐の経歴は?

東海大相模の西川僚祐の中学生時代

地元の船橋市立古和釜(こわがま)小学校1年生の頃に軟式野球を始めました。

この時の所属は「薬園台リトルスター」。

この頃から既に活躍していたため、周囲から期待される有望選手に。

最初からスター性も抜群ですね。

ちなみに、ナイツの土屋伸之さんも同じ小学校出身。

ナイツの土屋伸之

古和釜中学校に進学後も、佐倉シニアで野球を続けていました。

4番でキャプテンを務め、中学3年生の頃にはジャイアンツ杯で優勝。

この頃から西川僚祐選手の名前が広まりだしました。

次の画像は中学3年生の頃。

中学生で東京ドームに軽々とスタンドイン!

2018年4月、神奈川の超名門校である東海大相模に進学。

「高校でも全国優勝を狙えるチームに行きたい」とのことで選んでいます。

佐倉シニア出身者は、菅生、市原望洋、浦安などの東海系列の高校に進学する事が多いので、西川選手も相模にしたのでしょうね。

1年生の頃から背番号15でベンチ入り。

公式戦初ホームランが、両翼95mある保土ヶ谷球場の場外。

東海大相模の西川僚祐のバッティング

規格外の打力で、秋からはチームの正レフトを担うまでに。

阪神の吉野スカウトが「今でも頭に残っている」とコメントするほど。

ルーキーイヤーで30本、2年生の秋までに53本を量産しました。

東海大相模で歴代1位の大田泰示(日本ハム)の65本を更新するのか注目されています。

2020年の甲子園が中止になってしまったので、記録の数字自体は達成が難しいかもしれませんね。

西原僚祐について世間の声は?

期待がスゴイ。

ドラ1候補として今から大注目です。

まとめ

甲子園で見れないのが本当に残念でなりませんが、11月のドラフトを楽しみにしていましょう!