松浦勝人と嫁の離婚理由は?愛人契約や子供の父親説まで!税金逃れも?

松浦勝人のスーツ姿 タレント・有名人

エイベックスの松浦勝人会長がCEO(最高経営責任者)を退任することが発表されました。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の放送などで話題に事欠かないイメージがありますよね。

そんな松浦勝人さんについて調べていると、色々と興味深い話題がたくさん見つかったんです。

今回は、松浦勝人さんの離婚話についてまとめて調べていきます。

松浦勝人と嫁は偽装離婚?

エイベックスの松浦勝人

2016年に畑田亜希さんと離婚している松浦勝人さん。

2003年に結婚して3人のお子さんがいますが、2013年から奥さんとお子さんはシンガポールで生活していました。

実は、1995年に結婚し翌年に離婚しているので、畑田亜希さんとは再婚でした。

2019年8月1日に、浜崎あゆみさんとの男女関係があったことを暴露した「M 愛すべき人がいて」が出版され、奥さんへの影響が懸念されていましたが、このときは既に離婚していたんですね。

一般的には離婚の理由として「性格の不一致」とか「価値観の相違」とかが
挙げられますが、どうやら松浦勝人さんと畑田亜希さんの離婚話は色々ありそうです。

松浦勝人と嫁の離婚理由①愛人との不倫

沢尻エリカのほろ酔い

まず噂になっているのが沢尻エリカさん。

沢尻エリカさんは、2009年にスターダストプロモーションをクビになっています。

理由は薬の使用を注意しても止めなかったことと言われていますが、この時に助け舟を出したのが松浦勝人さん。

その時の条件が

  • 高城剛と離婚すること
  • 松浦勝人の愛人になること

だというのです。

沢尻エリカさんは2013年12月に高城剛さんと離婚していますが、最初に離婚話しが持ち上がったのは2009年。

辻褄が合います。

「エリカは、離婚騒動がはじまる前に、エイベックスの松浦勝人社長に会ったと言いました。

松浦社長は彼女に『スターダストから、薬の件を聞いている。検査の際のやりとりの録音も持っている』と話したということです。

 そして、『高城と離婚することがエイベックスとの契約の条件』とし、『俺が離婚させてやる。マスコミはどうにでもなる』と話したというのです。

 弱みを握られたエリカは、 『エイベックスに行くしかない』と話していました 」(一部修正)

文春オンライン

この話が本当なら、弱みを握られた沢尻エリカさんは松浦勝人さんの言うことを聞くしか無いと思ってエイベックスへ移籍したのでしょう。

ということは「愛人契約」も本当になります。

松浦勝人と嫁の離婚理由②子供の父親説

現在も仲良しな様子がSNSで垣間見えます。

2019年末に男の子を出産した浜崎あゆみさんですが、相手の男性は明かされておらず、シングルマサーとしての道を選んでいます。

報道では

「この男性はあゆ専属のバックダンサーであるP氏です。’18年8月に浜崎の専属バックダンサーを決めるオーディションで合格しました。年齢はあゆの20歳ほど年下。当初から彼女のお気に入りで、可愛がられていました。彼が父親でまず間違いありませんよ」

FRIDAY

と言われていますが、この「年下一般男性」というのがフェイクではないかとの噂があります。

2019年8月の暴露本の出版、年末の出産報告、そして2020年始の松浦勝人さんの離婚報道が、あまりにも順調に進んでいるので「話題作りでは?」と言われてしまうのも無理がありません。

本当に年下一般男性なら松浦勝人さんは関係は無いですが、2019年8月というマタニティ時期にあんな写真を撮れる関係性というのは、やはり気になりますね。

松浦勝人と嫁の離婚理由③税金逃れ

松浦勝人の嫁の畑田亜希

そもそも2016年に離婚しておきながら、2020年に公表ってタイムラグありすぎです。

その大きな理由が「税金逃れ」と噂されています。

普段から畑田亜希さんと円満な夫婦だと言われている松浦勝人さんが語った離婚理由は「既婚状態で自分が亡くなると家族が多額の相続税を払わなければならない」ということ。

離婚したら、贈与税はかからないので離婚したほうが得だと考えたとか。

さらには亡くなると相続税もかかります。

これについても

たとえば結婚している状態で僕が先に死ぬとする。そうすると、相続税で財産の55%を国に持っていかれてしまう。僕の場合そのほとんどが会社の株式だ。当然株を売らなければ相続税は払えない。会社の株価にも影響し、多くの株主の皆様にも迷惑をかける。

文春オンライン

と語ったと言います。

実は、2017年からCRS(Common Reporting Standard)がスタート。

これは、日本に住む人が海外の口座に送金した場合に口座情報を国同士で提供できるものなんです。

ということは、日本からシンガポールに送金するとバレてしまうということ!

せっかくの財産を家族に渡したいという気持ちは当然ですが、本当なら大変ですね。

日本の制度にも問題がある気がします。

まとめ

以上が「偽装離婚?」と噂される根拠です。

実際は当事者にしか分からないこともありますし、真相は闇の中です。