緊急事態宣言で保育園はどうなる?保育料は払う?休業補償ってどうなるのか気になる!

マスクを手に持っている女性のイメージ画像 時事ニュース

4月に入り、依然として収束する気配を見せない新型コロナウイルス。

ついに、政府が緊急事態宣言を発令する方針を固めるとの報道がありました。

気になることはたくさんありますが、娘を育てる我が身として気になるのは

保育園はどうなる?

というもの。

きっと気になる方はたくさんいらっしゃるでしょう。情報をまとめました。

緊急事態宣言に意味がない?地域限定で強制力もなくロックダウンより効果が薄い?

緊急事態宣言で仕事はどうなる?給料や補償や休みが気になる!いつまでなの?

緊急事態宣言で保育園はどうなる?

安倍総理の2020年3月初旬の姿

仕事、出産、育児などで保育園を利用している保護者の皆様はきっと今ドキドキですよね。

結論として、保育園、こども園、学童保育などが休園になる可能性は高いです。

緊急事態宣言は、4月6日時点では「2020年5月6日まで」としているよう。

GWの最終日ですね。

休園になると必ずしも言い切れないのは、緊急事態宣言には強制力がないため。

今の日本では、幼稚園や学校などは休校や延長措置などが行われていますが、保育園などは開園しているところが多いです。

判断は、自治体ごと、園ごとになるのではないでしょうか。

認可か認可外かでも異なる判断になるかもしれません。今のうちに必ず確認すべきですね。

また、使用制限になることも考えられます。こちらの方が現実的です。

使用制限は、病院や介護施設、保育園など、いわゆる「3密」になりやすい場所が制限対象として当てはまります。

保育園は休み・制限がかかる可能性が高いため、何にせよ、仕事に行けなくなると思って準備しておいたほうが良いでしょう。

身の安全を考えると仕事に行きたくないし子供も家で見ていたいけど、経済的には仕事しなければならない。

とんでもないジレンマですよね。

緊急事態宣言ってそもそも何?

安倍総理のマスク姿
  • 国民の生命や健康に著しく重大な被害を与えるおそれがある場合
  • 全国的かつ急速なまん延によって国民生活と経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある場合

に出されます。

これが出ると、対象地域の都道府県知事は、外出の自粛、感染防止に有効な協力・要請を求めることが出来るようになります。

緊急事態宣言が言われる前でも、外出自粛は叫ばれています。

緊急事態宣言により、「要請」は出来るが「禁止」は出来ません

スーパーやドラッグストアへの買い物、公共交通機関の利用は出来ます。

店の営業停止や出勤停止には出来ません。

大規模イベントの開催自粛要請は出来ますが、仮に開催しても罰則はありません。

諸外国のように強制力は持たないので、全て断定して言い切れないというのが今の現状です。

小池百合子知事が発言して話題になった「ロックダウン」は、イタリアなどでその効力を認められていますが、ロックダウンは「最終兵器(リーサル・ウェポン)」です。

今の日本では実現できないので、今回の緊急事態宣言が我が国の最大の強制力になるでしょう。

緊急事態宣言で保育料は払わなければダメ?

お金のイメージ画像

こちらも、現段階ではハッキリした結論が出ていません。

3歳からは所得によって無償化されていますが、3歳以下は保育料もかかるし高いし、正直家庭は苦しいですよね。

緊急事態宣言による保障が明らかでない今、保育料は払う心づもりで居たほうが良いと思われます。

保育料が無いと、保育士のみなさんの休業補償の財源が不足するでしょう。

じゃあ、会社員の補償はどこから出るのか、など話がどんどん広がり、おそらくすぐに結論は出ないと思われます。

まさに、リーマンショックを超える経済打撃ですね。

緊急事態宣言で休業補償ってどうなる?

まず労働基準法が定める休業手当は、6割が支払われます。

しかしこの場合は「使用者の責めに帰すべき事由による休業」というもの。

今回のコロナは、誰も悪者が居ないのでどこが責任を取るのかということに。

「休業手当を払わなくても違法ではない」

というのが第一見解です。

そうなると、特に自営業や非正規雇用の皆さんは大打撃となるでしょう。

また、傷病手当というのもあり、これは条件に該当すれば出勤できなくなった日から4日目以降に66%の給料が支払われます。

こちらは、自発的に休んだ場合は対象外です。

なのでコロナが怖くて休む場合も、対象外ですね。

現在では、雇用調整助成金というものがあります。これは、休業時の給料を保障するというもので、中身としては休業補償。

しかしこちらは

  • 受給までとても時間がかかる
  • 受給のための書類準備がとってもめんどくさい

ことなど、問題があります。

そのため、なかなか現実的な休業補償が提案・実行されないと思われます。

この助成金の対象を特例で拡大するとも言われているので、今後の動向を見守りましょう。

緊急事態宣言で自治体はどういう対応をする?

4月7日現在、の東京都渋谷区と世田谷区の対応です。

緊急事態宣言の対応①東京都渋谷区

緊急事態宣言の後は、区内の保育園を臨時休園にする方針を保護者に示しています。

開園で受け入れる条件は

世帯全員が警察、消防、医療従事者

という限定的なものです。

一般的な会社員は全て自宅保育を要請するということですね。

「それ以外で家庭での保育が特に困難」な場合も受け入れ可能とのことですが、これはケースバイケースで判断が難しいでしょう。

緊急事態宣言の対応②東京都世田谷区

区内の学童施設を休止する方針です。

休止中の費用は、一旦全額を支払い、後日に日割で返却する予定とのことです。

緊急事態宣言で保育園はどうなる?世間の声は?

保護者の皆さんの休業補償も気になりますし、保育士の皆さんの安全も保証されるのでしょうか。

今のままだと、ただ緊急事態宣言が出て、放置気味になる気がして不安しかありませんよね。

まとめ

コロナでパニックになっている今、最悪を想定して準備しておくのが得策と言えます。

緊急事態宣言に意味がない?地域限定で強制力もなくロックダウンより効果が薄い?

緊急事態宣言で仕事はどうなる?給料や補償や休みが気になる!いつまでなの?